失敗は必ずある

FXには失敗がつきものです。多くの方が経験しています。恐らく、現在大成功されている方でも、大小様々なFXの失敗、損をしたことがあるでしょう。為替レートは、人が動かせるものではありませんが、世界情勢、要人の発言、災害、戦争などで乱高下すると言われています。それよりももっと大きな原因としてあげられるのが、群集心理です。FXだけではなく、為替レートは多く方がそれぞれの思惑で、同じタイミングで同じものを見ていますが、何かのきっかけで、上下に動いた方についていくということがあります。大口投資家などの合図で、為替レートが動くことがあり、FXトレーダーたちもその波にのることが多くあります。そのタイミングをのがしたり、たまたま反対方向の取引をしたりすることで、失敗することがあると言われています。大口投資家も当たり前のように失敗しています。1,000万円の資金があったとして、10万円の失敗をした場合はたいしたことはないでしょう。しかし20万円の資金で10万円の失敗した場合は大きな損失となります。つまりどういうことかというと、FXは失敗をする投資ですから、常にローリスクな取引を心がければよいのです。それがなかなかできなく、FXのデメリットにおぼれてしまいます。要するに、1,000万円程度の資金で10万円程度の取引をするのがベストであり、20万円の時の取引は数千円が、失敗をしても然程問題がない額ということになります。

失敗は必ずある

損切りで勝つ FXは損切りが大切だと言われています。損切りとは、損をしている取引を自分でやめることを言います。為替レートを見ていると上がり下がりの分岐点が見えてくることがあります。それは確証のないものですが、自分の勘と数日のチャートの流れからある程度の憶測を立て、今は損をしているけれど、数分、数時間経つと、この損はなくなるだろう・・・ >>詳細はこちら
ポジションの持ち方 FXの儲け方をある程度わかってくると、資金も増えていつの間にかポジションを大きくしていることがあります。FXは一日証拠金の1%を確実に利益とすることが良いと言われています。これは、100万円で始めると、次の日は101万円からの取引になりますが、3日目には102万円ではなく、もっと大きな利益になります。そうして雪だるま式に利益・・・ >>詳細はこちら